2016/01/31

閉じ込められた秋

秋を冷凍保存
引き続き新宿御苑での散歩です。池のほとりを覗いて見ると、まだ秋の名残を
感じさせる落ち葉達が、氷に閉じ込められていました。秋の冷凍保存という感じです。
春までこの状態なんでしょうか。山でも公園でも、こんな季節の移り変わりを観察
できる事がとても楽しいです。発見する事、気付く事のワクワク感は何歳になっても
感じ取っていきたいなと思います。
スポンサーサイト
2016/01/30

新宿でーす

冬の風物詩
すみません。どんどん山から遠ざかっていきます。先日カメラのメンテナンスで新宿を訪れ、
ついでに新宿御苑まで散歩してみる事にしました。実は東京に程近い所に住んでいながら、
新宿御苑に行くのは初めてになります。さっきまで高層ビル群のど真ん中にいたのに、
ちょっと歩いただけで四季を痛いほど感じられる場所に来れる・・・ ビックリです。
池に張った氷を眺めつつ、上を仰げば高層ビル。本当に異空間でした。
隣にいたニコンの男性と仲良く氷を撮り合いました。それにしても御苑、恐るべしです・・・
2016/01/29

鳥ですか?

冬の水鳥
ここ境川遊水地は、たくさんの野鳥が集まる為、多くの写真愛好家が訪れます。
撮影中「鳥ですか?」と、よく声をかけられます。「いえ、風景です。」と言うと、
皆さん???という感じになります。結構珍しい鳥も来るらしく、野鳥撮影のメッカ
だったんですね。確かにみんな機材がすごい! あまりに声をかけられるので、
その気になり野鳥撮影を試みましたが、失敗写真の大量生産となりました。
無謀にもその中の一枚を投稿させて頂きます。同じ自然を相手にするにも、
撮影技法の違いを痛感し、写真の奥深さをあらためて実感しました。
2016/01/28

海育ち山好き!

遊水地の冬
ここ境川遊水地は横を流れる境川が氾濫したときに水を貯める為に作られたもので、
その一部をビオトープ化してあります。さて、この境川を下っていくと河口は湘南海岸の
江の島に辿り着きます。河口付近は別名片瀬川とも言い、サザンオールスターズの
SEA SIDE WOMAN BLUES という曲の歌詞に登場するんですよ。私は子供の頃から
湘南海岸付近で育ったのですが、その反動か山の方が好きになってしまいました。
でも最後には海の写真を撮ってる気がします。原点はやっぱり故郷なんでしょうね。
2016/01/27

灰色の造形

灰色の造形
すぐ近所の境川遊水地公園にある日の夕方散歩に出かけました。
ここは順光の下ではいろんなものが見えすぎてしまい、色的にも微妙なので、
いつも太陽が低くなる時間帯に訪れます。何でもないところでも、
絵作りができるよう自分に訓練を課してますが、のんびりした場所なので、
すぐに食べ物やお茶を手にしてボケっとしてしまいます。
写真の植物、名前がわからないのですが、逆光で色がなくなった時に、
何か造形的な美しさを感じてしまいました。
2016/01/26

ポートレート

今日のモデルさん
昨日の記事には続きがありまして・・・ もっと近寄りたくてじりじり間合いを詰めた所、
一羽のユリカモメさんだけ逃げません。しかもこちらに向き直りポーズを決めます。
その距離2m強! もうこうなったら真剣勝負です。周りでは歩行者が我々の姿を
写メに撮る始末・・・私も通行人が来る度、道を開けますが、その時もカモメさんは
待っています。最後に有難うと言うと、頷いてから元気よく羽ばたいていきました。
こういう時なんですよね。心澄む時を感じるのは・・・
2016/01/25

街の中の自然


しばらく番外編散歩を掲載させて頂きます。とあるパンフレットの背景画が必要になり、
横浜みなとみらいの摩天楼を撮影に行きました。必要なカットを撮り終え、ほっと
しながら散歩をしていると橋の欄干にユリカモメが並んでます。距離6~7mかな?
普段、鳥の写真はやりませんが、写真はドキュメンタリー。チャンスを狙います。
うまい具合にこちらを振り向いてくれました。都会の中の自然!日常でもカメラを
持ち歩くべきだな~・・・なんて事を今更ながら思ってしまいました。
2016/01/24

自分にとっての御嶽

今日のはじまり
一昨年の夏、御嶽山に登る計画を立てておりましたが、度重なる台風で
この年は諦めた矢先、9月にあの噴火でした。登山をする身としてはとても
他人事ではありませんでした。この年は親の病気等も重なり、当たり前の事が
当たり前でなくなる事を深く考えるようになり、翌年人生の転機を自分で作る事と
なりました。前より少しだけ自分を大事にしようと思ったんです。
いつか規制が解除されたら、御嶽山に登って自分を確認してみたいものです。

2016/01/23

癒し系・・・

仲良し
さて、長らく木曽の旅風景をの~んびりと綴ってきましたが、そろそろ
終わりが近くなりました。帰路につく前にもう一度 木曽馬君達に会いたくなり、
牧場を訪ねました。「あっ、いたいた!」 見ているだけで飽きません。
今まで様々な場所を訪れましたが、私にとって御嶽山麓はどことも違う
唯一の空気を感じ取れる所です。これからも四季折々、そして、
岐阜県側も行ってみたいなあ・・なんて思ってます。
2016/01/22

日本で最も美しい村

木曽の山里
開田高原はNPO法人「日本で最も美しい村」連合において名を連ねています。
北海道のような雄大さと,本州の古き良き歴史文化が融合された
素晴らしい場所だと思います。私の写真ではまだまだ伝えきれませんが、
この景観を見た時も、ここが雪一色になったらどうだろうとか、田んぼに
水が入ったら綺麗だろうなとか様々な想像を掻き立てられる所です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。