2016/08/31

日の入りと共に…

日の入りと共に…
日の入りと共に、御嶽山の輪郭が はっ きりとしていきます。いつ見てもグッドデザイン。長い裾野に見とれてしまいました。飛行機雲がアクセントを添えます。明日の天気は下り坂。今回はもうお別れかな?

長野県木曽郡木曽町 開田高原 木曽馬の里
ペンタックスK-1  DFA24~70mm f2.8
スポンサーサイト
2016/08/30

古木とお山とヒグラシと…

古木との語らい
8月11日。お盆休みを利用して木曽の開田高原に行ってきました。お気に入りの定宿があり、よく通っています。ブログでも何度か登場してますが、古木は木曽馬の里のコナラの木。開田の主。ここに来たら、まずこの木に挨拶しなくてはなりません。そして背後にはシルエットの御嶽山。噴火時の事を思い出し、そっと手を合わせます。あの山の頂きに立ちたいという思いが年々強くなります。ヒグラシの鳴く、穏やかな夏の夕暮れでした。

長野県木曽郡木曽町 開田高原 木曽馬の里
ペンタックスK-1 DFA24~70mm f2.8
2016/08/28

街中の景勝

街中の景勝
前の記事の駒門風穴から車で30分程の所にある鮎壺の滝です。1万年前の富士山の溶岩流にかかる歴史と由緒ある滝ですが、ここも周囲の状況がおもしろい所でした。写真の左枠外には大きなマンションがあります。上枠外には上流の先にマンション、電線、幹線道路等があります。右枠外には公園と住宅街。普通の街中にこの滝が落ちています。このギャップがとても印象的です。駐車場もなく、駅前のコインパーキングから滝まで山の恰好で移動した時はちょっぴり照れました。

静岡県駿東郡長泉町 鮎壺の滝
ペンタックスK-1 DFA24~70mm f2.8
2016/08/28

風・穴・森

風・穴・森
よく写真に撮られる場所(下記参照)です。でもあまり宣伝されてなく、山梨の青木ヶ原樹海近辺の風穴かとずっと勘違いしてました。この穴に朝日が射し込む美しい写真を拝見し、自分も撮ってみたいなあと思い、ロケハンを兼ねて行ってきました。でも行ってびっくり。想像を超える巨大な洞窟でしたが、大っぴらに観光地化されておらず、民家、畑、神社の中に忽然とそれはあります。拝観料は200円。地元の方が大事に保護、維持している感じがとても印象的です。富士山の噴火のパワーと日本人の郷愁を誘う土地柄を堪能できるいい所でした。・・・えっ、陽が射し込む写真?… またチャレンジします(笑)

静岡県御殿場市 駒門風穴 
ペンタックス K-1 DFA24~70mm f.2.8
2016/08/27

水が育む命の循環

水が育む命
夏の渓流の風物詩でもある苔。水を含んだ苔を眺めているだけでも涼し気な気分になります。最近は苔の販売や、苔ツアーなど、様々な企画が存在するようです。仕事も趣味も多種多様で面白い時代になりました。好きな事を徹底的に突き詰めていくと、そこには需要と供給が生まれ、結局は仕事になるのかもしれませんね。

山梨県忍野村 鐘山の滝
ペンタックス K-1 DFA24~70mm f2.8
2016/08/26

夏・渓・涼

夏・渓・涼
お盆を過ぎたとはいえ、まだまだ暑い日が続きます。また台風も増えてきましたので、熱や水の事故には気を付けながら撮影をしていきましょう。という事で、ちょっと涼し気な絵をセレクトしてみました。 さて昨日まで投稿させて頂いた個展の作品群では、いろいろ感想等のコメントを頂きました。本当にありがとうございます。またいずれ個展等、発表の場を設けられるよう努力していきたいと思っています。

山梨県忍野村 鐘山の滝
ペンタックス K-1 DFA24~70mm f2.8
2016/08/24

道繋ぐ想い

道繋ぐ想い
(出展No.39)
冬将軍の到来
昨日までの彩りは姿を消し
心和む時も息を潜めていく
想いは道を繋いでくれるだろうか
新たな問答が始まろうとしている

山梨県忍野村 鐘山の滝 大寒波の翌日
ペンタックスK-5Ⅱs 16~85mm

39回に渡り、御覧頂きありがとうございました。
個展出展作品は以上になります。
また新たなテーマを掲げ、写真発表の場に繋げていきたいと
思っています。
2016/08/24

忍び寄る季節

忍び寄る季節
(出展No.38)
目線の季節は秋そのもの
でも足元には次の季節が忍び寄り
錦の世界を灰色に染めていく
再び風色の季節を迎える為に…

長野県木曽町 開田高原木曽馬の里にて冬の訪れを知る。
ペンタックスK-5Ⅱs 18~270mm
2016/08/22

枝葉と根幹

枝葉と根幹
(出展No.37)
どれだけの風雪に耐えてきたのか
今、ほんの一瞬の晴れ舞台
冬への備えは黄金を捨て去る事
枝や葉に捉われたりはしない。
根と幹が健全なら次に繋がるから

山梨県 富士吉田口 5合目 奥庭眺望
ペンタックスK-5Ⅱs  16~85mm
2016/08/21

この山は生きている

この山は生きている
(出展No.36)
富士山の破壊力を肌で感じられる所
火山の曲線的景観と色彩が美しい
宝永火口の底に立った時
この山が生き物である事を実感する

富士山 富士宮口 宝永第一火口底にて巨大なエネルギーを感じる
ペンタックスK-5Ⅱs 18~135mm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。